SAYCO 星光ビル管理株式会社

プロパティマネジメント

ビルの資産価値向上を目指す
星光ビル管理のプロパティマネジメント

─ オーナー様と同じく「ビル」を大切に思う気持ち ─

資産価値の向上

資産価値を高めていく為には、テナント様へのサービス面も考慮しつつ長期的な視点をもって建物の品質管理・コスト管理を行う必要があります。
時代のニーズに合った資産管理をオーナー様の視点で考えること、そしてテナント様の満足度を上げる事に日々努めることによって収益力向上につなげ物件のバリューアップを目指します。

安心を生み出す資産管理の実績

長年培ってきたビル管理ノウハウと物件管理力を活かし、管理効率化を図ることによって最適のコストパフォーマンスを実現します。

充実のネットワーク

全国規模のネットワークを活用し、テナント誘致活動を支援すると共にビル管理業務を総括します。

PM(プロパティマネジメント)

総括運営のイメージ図

ビル運営の全てを総括

総括運営

・年間運営計画、予算計画の策定
・各管理業務の執行統括
・官公庁届出、手続きの代行
・消防計画作成、届出、消防訓練の協力
・レポーティング

テナント様管理のイメージ図

豊富な実績を基に満足度を向上

テナント管理

・テナント募集支援(仲介専門会社と連携)
・賃貸条件企画、立案
・テナント退去、減床防止協力
・テナントの要望、クレーム対応
・災害時、事故発生時の緊急対応、連絡

賃料請求・入金管理・督促・諸支払等

建物収支管理

・テナント専用メーター検針、請求額算出
・賃料、共益費、光熱水費請求、収納代行
・光熱水費等の建物運営費用支払代行
・各月、年間収支実績の報告
・備品、消耗品管理

最適なコストで

資産維持管理

・建物管理業務仕様・建物維持管理コストの策定
・改修・改良工事、危険箇所の発見・改善提案
・省エネ提案
・中長期修繕計画の策定
・単年度修繕計画の策定、工事工程管理

PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)

長年にわたり多くの建物管理業務、プロパティマネジメント業務で培ったノウハウを基に、建物用途に応じた的確な維持管理運営を通じて、公共サービスの提供や社会資本の整備に貢献できるよう、積極的に取り組んでいます。

PPPとは?

パブリック・プライベート・パートナーシップ、つまり官と民のパートナーシップによる公共サービスの民間開放のことです。自治体運営におけるアウトソーシング手法の総称で、代表例として「PFI事業」があります。

PFI事業

これまで、国、都道府県、市町村により行われてきた公共サービスの提供、及び社会資本の整備を民間の資金、事業運営ノウハウの導入により行うものです。質の高いサービスと行政の財政負担軽減が求められる為、事業期間が長期にわたるケースが多いのが特徴です。

閉じる

ビル管理サービス

「プロパティマネジメント」のお問い合わせはお気軽にご相談ください。

TOP